ダポキセチンとは早漏防止薬に含まれている成分です。早漏に悩んでいるのならぜひ、治療薬を使ってみましょう!今は暗い顔をしているあなたが、早漏なんて昔の話だと心から笑える日が来ることを願って!今こそダポキセチンの効果に頼ってみませんか!

刺激に弱い体質に一時的な対応で有効なダポキセチン

早漏になってしまう原因として、興奮や刺激に弱い体質が挙げられます。強い刺激に対して過剰に反応をしてしまうため、コントロールが効かなくなってしまう、ということです。こうした問題を改善するためには、刺激に慣れていくことが効果的とされています。
しかし、どんなことであっても、慣れを生じさせるには時間が必要です。繰り返し刺激を与えていくことで、いずれは慣れて反応が鈍くなると考えられますが、その状態になるまでは時間がかかるものでしょう。
より即効性の高い一時的な対応として挙げられるのが、ダポキセチンを服用するという方法です。ダポキセチンは、精神を落ち着かせて、リラックスした状態をもたらしてくれる成分です。もともとは、うつ病の症状を改善させる薬として開発されたものであり、過度の緊張や興奮をしずめて、落ち着いた気分をもたらすとされています。実際にうつ病の人に処方された際、射精のタイミングが遅れるということがわかり、その後早漏治療薬として、注目をあびるようになりました。
ダポキセチンを服用すると、脳内にリラックス物質であるセロトニンが分泌されるようになります。このセロトニンは、興奮を司る物質であるアドレナリンと反対の作用をもたらしてくれるのです。興奮しやすい、アドレナリンが分泌されやすい体質の人が服用することで、早漏を抑制することが期待できます。
ダポキセチン配合の薬は、服用後1時間から3時間後に効果を発揮するといわれていますから、すぐに効果の出る薬が欲しい、という方に最適といえるでしょう。また、継続して服用し続けることにより、さらに持続時間が長くなる、といわれています。早漏の悩みに、即効性と継続性をもたらしてくれる薬といえるでしょう。