ダポキセチンとは早漏防止薬に含まれている成分です。早漏に悩んでいるのならぜひ、治療薬を使ってみましょう!今は暗い顔をしているあなたが、早漏なんて昔の話だと心から笑える日が来ることを願って!今こそダポキセチンの効果に頼ってみませんか!

2016年08月の記事一覧

ダポキセチンが配合されている薬は何がある?

もともとは抗うつ剤に含まれていました。服用した男性に射精がいつもより遅くなる副作用があることがわかり、早漏改善薬として開発された経緯があります。ダポキセチンが配合されている医薬品としてプリリジーやポゼットが有名です。またED治療薬と一緒にダポキセチンが含まれている医薬品もあります。スーパーPフォースやスーパーカマグラが有名です。

ダポキセチンがどんな作用をもって早漏を改善するのかを理解する前に、射精が起きるメカニズムを知っておきましょう。勃起を施すときは副交感神経が働いています。一方射精をするときは興奮などを司る交感神経が有利になります。この交感神経を抑えることが重要になるのが早漏改善法です。深呼吸をすることで副交感神経が有利に働くことがわかっていることから、射精をしそうになれば、呼吸に意識を傾ければ良いとよく言われています。あながち間違ってはいない対処法ですが、大量の性的興奮が押し寄せてきますので、深呼吸だけで対処するのは難しいです。

その副交感神経を有利に働かせるのはダポキセチンになります。脳内にはノルアドレナリンが大量に分泌されることで交感神経が有利に働きます。そのノルアドレナリンを抑えれば、交感神経を収めることができます。その役割こそがセロトニンであり、その分泌を助けるのがダポキセチンです。

効果は約3倍ほど長持ちすると言われており、効果の高さを実感できている人が多いです。ただし医薬品であり、あくまでも対処療法になっています。早漏そのものはダポキセチンは解決してくれません。この成分が含まれている医薬品を服用するからこそ、早漏が改善するのであり、本気で治療を求めるのであればセックスの経験を積み重ねることが大切です。

続きを読む

ダポキセチンに副作用はあるのか

早漏の改善薬の主成分として知られるダポキセチン。この成分を含む薬は世界の60カ国以上で認可されており、これまでも数え切れないほどの人が利用していることから、安全性について十分に確保されているといえます。ただし他のすべての医薬品と同様に、体質によっては副作用がでる可能性を否定することはできません。ダポキセチンが引き起こす副作用としては、以下のような症状が報告されています。
ダポキセチンの主な副作用としては頭痛、吐き気、下痢、発熱、疲労感、ひどい喉の渇き、睡眠障害、強い眠気などになります。どれも他の薬を服用した場合でもみられるような症状ですので、それほど過度に心配する必要はないでしょう。薬の服用を続けていたら次第に身体が慣れてくるというケースもあるようです。ただしあまりにひどい場合は服用を中止し、すぐに医師に相談したほうがいいでしょう。体質や薬との相性は人それぞれですので、安易な自己判断は避けたほうが無難です。
また既往症があり、別の薬をすでに服用している人も注意が必要です。睡眠薬や抗うつ剤、抗真菌薬などを利用している人や、心臓、腎臓、肝臓などに持病があって治療を受けている人は、ダポキセチンを含む薬との併用は避けなければいけません。さらに未成年や女性もダポキセチンの摂取は禁物とされています。これら以外にも何らかの薬をすでに服用している人は、ダポキセチンを含む薬を服用する前に必ず医師に相談しておきましょう。
なおダポキセチンを含む薬を服用する際は、十分な水の量と共に服用することも大切です。身体が脱水症状気味の時にこの薬を服用すると、高熱や吐き気、下痢などの副作用が現れやすいとされていますので、十分な注意が必要です。

続きを読む