ダポキセチンとは早漏防止薬に含まれている成分です。早漏に悩んでいるのならぜひ、治療薬を使ってみましょう!今は暗い顔をしているあなたが、早漏なんて昔の話だと心から笑える日が来ることを願って!今こそダポキセチンの効果に頼ってみませんか!

2016年12月の記事一覧

1分以内の射精に効果なダポキセチンとフルオキセチン

フルオキセチンはSSRIの薬で抗うつ薬として処方されています。精神科などを受診して、パニック障害やうつ病の症状があると処方してもらうことができます。脳内のセロトニンの量を一定に保つことができるので、緊張や不安を和らげることができます。副作用としては性欲の低下や射精障害、蕁麻疹などがありますが、重い副作用はほとんどありません。ダポキセチンはフルオキセチンの副作用の射精障害を利用して、開発されたもので、服用すると1分以内で射精していた人が、3分から5分くらい射精の時間を長くすることができます。健康な人も服用することができますが、脳内のセロトニンの量が増えすぎると、性欲が低下してしまうので、セックスの回数が減少したり、射精ができなくなるなどの症状が出ることがあります。ダポキセチンはセックスをする直前に服用するだけで効果を実感できますが、3週間以上継続して服用を続けることで、射精までの時間をより長くすることができます。脳内のセロトニンの量が安定するためには、最低でも3週間程度必要とされていて、セックスの時だけ服用する場合よりも早漏予防の効果が強くなります。根本的な治療のためには、カウンセリングなどを受けて認知行動療法をしなければなりませんが、すぐには治らないので、薬を服用して経過を観察しながら認知行動療法をする手法がとられます。勃起改善薬と一緒に服用するとセックスを長く楽しめるとされていて、世界的にも流行していますが、SSRIの薬は性欲の低下が起きる可能性もあるので、健康な人は飲む必要はありません。勃起改善薬は、健康な人が服用してもあまり問題はありませんが、SSRIの場合は、脳に作用する薬なので細心の注意が必要です。

続きを読む