ダポキセチンとは早漏防止薬に含まれている成分です。早漏に悩んでいるのならぜひ、治療薬を使ってみましょう!今は暗い顔をしているあなたが、早漏なんて昔の話だと心から笑える日が来ることを願って!今こそダポキセチンの効果に頼ってみませんか!

2017年01月の記事一覧

ダポキセチンは若い抑制のきかない世代に最適

若いほどSEXのコントロールが難しく、抑制できず早く射精することが多いでしょう。
特に初体験のときは1分も持たずに射精する男性が多いですが、その後の経験によって7分程度までは延びていくのが普通です。
持続時間は年齢を重ねるほど延びるのが普通ですが、EDを発症すると逆に早くなることもあります。
人によっては早漏と遅漏を繰り返したりするので、若いころに遅漏だからずっと遅漏のままとは限りません。

若いころの早漏は経験を積めばほとんどの場合は治りますが、稀に治らない方がいます。
性的刺激の抑制が苦手な方だと、何歳になっても3分以内に射精してしまうものです。
そうした方にはスプレーやクリームなどが効果的ですが、持続時間の代償として快感を損ねてしまいます。
使用量にもよりますが、ほとんど快感がなくなったという方もいるのです。
摩擦感しか感じられないようではSEXをする意味はないでしょう。

ダポキセチンは世界初の飲む早漏治療薬です。
従来の薬はペニスに直接使用していましたが、ダポキセチンは飲むだけなので感度はほとんど変わりません。
感度を維持しながら持続時間を延ばせる画期的な治療薬なのです。
脳の興奮を抑制して射精を遅らせるので、若い方にこそ最適な薬と言えるでしょう。
若いほど性欲の抑制が難しく、それによって暴発して射精に至ることが少なくありません。
早漏はコンプレックスを引きずりやすい症状なので、早期の改善が望まれます。
早漏が続くとSEXを敬遠するようになり、セックスレスになってしまう可能性もあるのです。
セックスレスに悩んでいる男性に多い症状は、ダントツで早漏とEDなのです。
早漏がEDを発症させるケースもあり、その場合にもダポキセチンが役立ちます。

続きを読む