ダポキセチンとは早漏防止薬に含まれている成分です。早漏に悩んでいるのならぜひ、治療薬を使ってみましょう!今は暗い顔をしているあなたが、早漏なんて昔の話だと心から笑える日が来ることを願って!今こそダポキセチンの効果に頼ってみませんか!

ダポキセチンの素晴らしい効果について

ダポキセチンはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の一つで、セロトニン不足によって起こる早漏を一時的に改善する効果があり、1回につき30mg分を体内に取り込むことによって5~7時間程度は早漏が改善されます。また、SSRIの一つであることから、早漏以外でもうつ病や不安障害、摂食障害などといった精神疾患を緩和させる効果や、双極性障害の治療を補助する効果もあります。
ダポキセチンの作用を知るにあたっては、まずセロトニンがどのような働きをするのかについて知っておく必要があります。
神経伝達物質の一つであるセロトニンには、同じ神経伝達物質であるノルアドレナリンとドーパミンの分泌を制御する働きがあり、これが興奮や快感、欲望などの高まりを抑え、精神を落ち着かせる効果をもたらします。このセロトニンの分泌量は、ストレスや寝不足、食事の偏り、ホルモン分泌量の減少、加齢など、様々な原因で減少していき、これが長く続くとセロトニン不足の状態に陥ります。セロトニンが少なくなると精神が不安定になりやすくなり、それが原因で感情の起伏が激しくなったり、集中力が低下したり、過敏になりやすくなるなどの精神症状や、不眠や眠気、過食、低体温、姿勢の悪化、偏頭痛などの身体症状が起きます。また、ドーパミンとノルアドレナリンの分泌量に異常がなければ、セロトニンの減少によって残りの2種類の神経伝達物質の濃度が相対的に増えます。このため、快感や興奮を抑制しにくくなり、早漏にもなりやすくなります。
セロトニン不足による早漏や精神疾患を改善するためには、情報を次の神経細胞に伝達するセロトニンの量を増やす必要があります。これを導く方法としては、セロトニンの分泌量自体を増やす方法と、セロトニンが吸収・分解される量を減らす方法の2つがあり、ダポキセチンをはじめとするSSRIは後者の働きを示します。